臨床心理士指定大学院受験の情報サイト

臨床心理士指定大学院受験の情報サイト

 心理系院受験 お役立ち情報 メールマガジン

 メールアドレス 姓 名
   

臨床心理士指定大学院受験のための情報メールマガジン vol.35


ファイブ アカデミーの斉藤です。


※このレターは、ホームページからご登録くださった方や、
ファイブ アカデミーに資料をご請求された方にお送りしています。

もし今後、このようなレターが不要な場合は、お手数ですが
一番下に解除方法を記してありますので、解除をお願いいたします。



■ファイブ アカデミーのホームページに掲載してある地図を、
新しくしました。

 → http://www.5academy.com/map.html

これまで、地図がわかりにくく迷う方もいらっしゃいましたので、
写真入りにしてみました。

HP作成を担当してくれているYさんの力作です。



■ところで、大学院M2(修士2年)の皆さんは、
就職が決まる時期ですね。

また、臨床心理士の試験に合格した後、新たな職場を目指している方も、
もう求職活動を始めているのではないでしょうか。


私たちのところでアルバイトをしているSさんも、新たに就職が決まりました。


彼は昨年第1種の指定大学院を修了し、
高校のスクールカウンセラーをやりながら、
臨床心理士資格試験のための勉強をしていました。


そして、昨年末に臨床心理士の合格通知が届き、
晴れて臨床心理士となりました。

それと時期を同じくして、精神科での仕事も舞い込み、
これからはスクールカウンセラーと病院の仕事を続けていくことになったのです。

ファイブ アカデミーのアルバイトは卒業ということになってしまいますが、
次の新たな道が見つかり、臨床心理士としてもステップアップしていくことは、
とても喜ばしいことです。



また、もうひとり、4月から心療内科への就職が決まったスタッフもいます。

彼は現在、指定大学院修士2年生で、この春、院を修了予定です。

最初は非常勤からスタートする人が多い中で、
場合によっては常勤職で働くことになるかもしれないということでした。


この時期は新たなステージに旅立つ時期でもあり、お別れの季節でもありますが、
それぞれ希望の職場で活躍してくれることを祈っています。



■臨床心理士の就職については、教授や先輩からの紹介も多いですが、
最近は公募も珍しくありません。

公募の場合は、たいていインターネットに募集が出ます。

募集機関が自らのホームページに掲載するほか、
求人情報をまとめて掲載してあるサイトもあります。


医療・福祉従事者の求人求職データベース
民間職安ヘルスケア
 → http://medical.minkanshokuan.net/

医療・福祉関係の求人が掲載されています。
「臨床心理士」の資格で募集を検索してください。


心理職情報交換
 → http://www.japanpsych.com/shinrishoku/

こちらは、自治体など公的な機関の求人情報も充実しています。



このほか、自治体が臨床心理士を公募で募集する場合は、
市区町村の広報に掲載されていることが多いので、
これも見ておきましょう。


臨床心理士の場合は、求人がいつ出るかは分かりませんから、
情報を常にチェックしておく必要があります。

とくに3月いっぱいで退職する人の欠員補充はこれからのはずですから、
まめに調べないと見逃してしまいます。


(実は、ファイブ アカデミーでも、これから登録スタッフなどを
募集する予定になっています)



■先日、春先に出版する予定の本に載せるため、
大学院の教授に取材に行ってきました。

本当は昨年末までに原稿を仕上げるはずだったのですが、
いくつか新たに付け加えたい内容が出てきたので、完成が少し遅れています。


その付け加えたい内容のひとつが、今回の取材だったのです。

訪問先は、ファイブアカデミー主催の講演会等でもお世話になっている、
東京国際大学大学院。


東京国際へは、ファイブ アカデミーができた初年度から連続で合格者が出ており、
私にとってもなじみのある大学院です。


取材には研究科長の教授が対応してくださり、
これから受験を予定している皆さんへのメッセージもお預かりしてきたので、
しっかり本に掲載したいと思います。


取材が終わった後には、事務局の方が校舎内を案内してくださいました。

校舎は非常にきれいで、広々としており、うらやましいような環境です。
ラウンジなんて、ちょっとしたホテルの中じゃないかと思うほど。


教室や面接室も案内してもらったのですが、
ちょうど昨年の入試で合格したUさんが勉強していて、
元気そうな姿を見ることができました!


■取材させていただいた先生によると、臨床心理士は、
やまりまだ人数的には不足していると感じておられるようでした。

臨床心理士といっても、大学院を修了して資格をとったからといって
すぐに一人前になれるわけではなく、その後の経験を積まなければなりません。

今やっと臨床心理士を育てる教員数が整いつつある段階なので、
今の若い人たちが育ってくるまで、まだしばらくはかかるだろうということでした。

特にその先生は精神科医でもいらっしゃるので、精神医療分野や、
それと密接に関連している福祉分野での心理の専門家の不足を
指摘されておられました。


そういえば、昨年末にインタビューした横浜国立大学の助教授の先生も、
やはり同じようなことをおっしゃっていました。

この先生はビジネス(産業)分野で非常に高名な先生なのですが、
「ビジネス分野では心理の専門家が不足しているのに、
スクールカウンセラーなどに比べて、あまり興味を持ってくれる人がいない」
と嘆いて(?)おられました。


■こんなに人材が不足しているという一方で、
大学院を修了してから望むような仕事が見つからないという人もいます。


これは、いったいどういうことでしょうか。


これを私なりに解釈すると、2つのポイントがあると思います。

ひとつには、臨床心理士として一人前になるには、
ある程度の修行期間が必要であるため、いくら指定校が増えたとはいえ、
まだ戦力になる人が少ないこと。

特に最初のうちは、スーパーバイザーの指導を受けながら
自分に実力をつけていかねばなりません。

ですから、決して人材がいないというわけではなく、ある程度の経験を積んだ
人がまだ少ないということでしょう。


もうひとつには、領域や地域によって求人数と求職数が偏っていること。

以前に聞いた話ですが、スクールカウンセラーは、
都内は全校配置されていても、地方だと、まだ臨床心理士が足りていないということで
した。

実際、2〜3年前からは、東京都のスクールカウンセラーの場合、
応募しても、採用されるのがだんだん難しくなってきている状況です。

一方でクリニックなどの求人はまだまだありますし、これは私も実感しているのですが

ビジネス分野はがら空きの状態です。

ビジネス領域なんて、産業カウンセラーや臨床心理士でない人でも、
少し心理の知識があるだけで歓迎されていますから、
臨床心理士であれば、なおさら重宝されるはずです。


このように、分野によって求人のニーズが偏っていますし、
地域によっても偏りがあります。


これらのことから考えると、最初の仕事で現場の経験を積みながら
様々な研究会や学会に参加し、少しでも早く人の役に立てる臨床心理士になること、
そして、これから先の時代には、どの分野で、どのような力量を持った
臨床心理士が必要とされるかを見越して、人よりも一歩先に自分に力をつけておくこと。

この2つが重要になってくるでしょう。



〜今回は、ここまで〜


ファイブ アカデミー受講生にアンケート!

受講生(卒業生)の声をご紹介します。


1. ほかの予備校ではなく、本校を選んだ理由は何ですか?
・職場から近く、通いやすそうだったから。
 ・大手と違い、少人数で細やかな指導が受けられそうだと思ったから。

2. 受講してみての感想は?
・少人数できめ細かい指導が得られました。
 ・生徒の要望を吸い上げ、柔軟にカリキュラムを構成して下さいました。
 ・とにかく生徒の声を聞いてそれに合わせて授業展開してくれました。
  1対1の研究計画指導は本当にありがたかったです。
 ・過去問、論述対策も要点が押さえられており、他の授業と相補的で良かったです。

3. 「ファイブ アカデミー」の授業以外で、どのような勉強をしましたか?
  特になし

4. ファイブ アカデミーへ入学を検討している方に、先輩としてアドヴァイスがありましたら、
 一言お願いいたします。
  ちょうど良い規模で、細やかなカリキュラムでした。研究計画は1対1で教えていただき、
  理想的な環境だったと思います。

  匿名希望(29才 女性)


そのほかの声は → http://www.5academy.com/sotugyou.html


■ファイブ アカデミーでは、1クラス8名以下の少人数制で、
 合格まで一人ひとりにサポート!
 しかも、研究計画書は1対1の完全個別指導です。

 資料のご請求は、コチラ
 → http://www.5academy.com/inquire.html


■ 自宅で心理学の基礎を学べるDVD講座は、コチラ
 → http://www.master-ps.jp/dvd.html



※ 今後このレターを受け取りたくない場合は、
  こちらをクリックするだけで、配信停止できます。

 → http://regist.mail-magazine.co.jp/d/49xr&m=$$$email$$$

-----------------------------------------------------------------------
■ 編集後記 ■

先日、オペラを観にいきました。

休憩も含めると5時間以上かかる大作なのですが、平日の夜にもかかわらず、
どうみても忙しいとしか思えない著名人が、何人も来てました。

きっと、仕事とプライベートの時間のやりくりが上手なのでしょう。

(そのときの様子は1月13日のブログに書きました
 → http://blog.livedoor.jp/fiveacademy/


私も時間活用の天才を目指しています。
時間をうまく使えれば、人生2倍も3倍も楽しめると思うからです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 臨床心理士指定大学院受験のための 情報メールマガジン     vol.35
                               2006/1/13
◆ 発行:ファイブ アカデミー  http://www.5academy.com/
◆ お問い合わせ:info@5academy.com
◆「臨床心理士指定大学院受験の情報サイトhttp://www.master-cp.jp/

禁無断転載   Copyright(C)2006 Five academy All right reserved
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

上記のメールマガジンの配信を希望する方は、下記に記入して[読者登録]ボタンをクリック!

心理系院受験 お役立ち情報 メールマガジン

※10か月以内に大学院受験をお考えの方限定の、無料情報メールマガジン!
(受験がだいぶ先の方は、まだ登録しないでくださいね。今は必要ない情報が届いてしまうので)
 メールアドレス
        姓   名 
           


心理学専門予備校 ファイブ アカデミー | 心理学系大学院受験個別指導講座 | 心理学系大学院受験 DVD ビデオ講座